丸野コラム
 裏社会ライター・丸野裕行の『京都夜本上陸大作戦!』
『第8回』連載開始!精神的勃起度120%のもっこり脱法コラム!

~不動産業者が明かすここだけの話~



今回のルポは、私自身が編集長を務めるポータルサイト『初めての不動産投資マガジン』で監修アドバイザーを務めていただいている大川商事株式会社の代表・大川貴仁氏を迎えて、不動産業界の裏話を聞いてみましょう。
なにかえげつないことが起こる業界というイメージもありますが、実のところはどうなんでしょうかね?
なかなか聞けない、そこのところをジャンジャン突っ込んでいってみましょう!

※丸野インタビュアー(以下、丸)
※大川貴仁社長(以下、大)

■不動産屋が詐欺に?


大:まぁ、不動産業界ってものいろんな事件が起こりますよ、確かに

丸:前に『ガジェット通信』の動画に出演していただいたときには事故物件のお話などをお聞きしましたが、いろいろなことが起こるんですね。

大:不動産業者がしょーむない詐欺に遭うこともありますしね

大:不動産業者がしょーむない詐欺に遭うこともありますしね

丸:えっ、そんなことあるんですか?

大:結構騙されているんですよね、これ。まずね、ある日に不動産売買やってる事務所に一本の電話が鳴るでしょ。電話を出ると、物件の問い合わせなんですよ。内容は様々なんですけど、よくあるのが別荘の案件を探している系の話が多い

丸:電話が…はい

大:不動産業者ってこんな相談の場合は、もしかするといい話かもって思って会ってしまうもんなんです。実際に会うと、その人物から、「私は某有名芸能人の夫なんですがね」とか「マネージャーなんですがね」なんて話をされるんです。よくあるのが、テレビとかにはあまり露出していないけど有名な人。例えば、中島〇ゆきさんとかね。夫と一緒にお忍びで生活できる別荘用地を探していると話を持ち掛けてくるのが典型的な手ですね。

丸:そういえば、あの歌手の人の旦那さんの顔なんて知りませんよね

大:でしょ? で、喫茶店とかで待ち合わせて、「2~3億円くらいで別荘建てられないか?」ってことになる。今度は、本人を連れてくるからとかいって

丸:不動産業者さんはそれで儲けが出るから有頂天になっちゃうんですか?

大:そうなんです。で、帰り際には、財布を落としたか、手持ちの現金がないから「3万円ほど貸していただけませんか?」ってお願いされちゃうんです。たかだか3万円くらいで、数億円の商談を捨てるわけにはいかない。だから、快く渡してあげるらしいんですけど、そのあとは音信不通になるそうです。せこい手ですけど、全国的に数百件でやられたらしいですよ。

丸:チリも積もれば、すごい額ですね!

■不動産トラブルは犬も食わない

大:でも、不動産はトラブル多いですよ

丸:具体的には、どんな?

大:結婚してマイホームを買うときはいいんですけどね、やっぱりほら離婚のときが…。

丸:僕もバツイチですけど、離婚はね…

大:2~3年前にマイホームを購入してもらったお客様 (旦那さん)から連絡があって家を売却したいというんです。売却の理由は離婚するからというもの。いくらで売却できるかの査定依頼であったんですけど、実際にお会いして、話を聞いてみると、どうやら旦那さんの浮気が原因による離婚のようで。まぁ、仕事なので、実際に売却価格査定をして、査定書を提出したんですけど、次に連絡があったのは奥さん側のご両親からでした。

丸:ややこしそうですね(嬉)

大:奥さん側のご両親からは、家の売却にあたって、購入前にご両親がお祝いとして購入資金をだいぶ出したとのことで。住宅購入資金の返還をウチの不動産屋に求められてね。で、「旦那の浮気が原因の離婚なのに、あんたが物件を売っちゃたんだから、両親が出した分の資金は返還しなさい!」と怒鳴られて…。もうめちゃくちゃなことを言ってこられましたよ。参りました。

丸:変なお客さんも多いでしょうけど、業者さんでもやっぱりややこしところも多いんですか?

■借金まみれの人間だからこそ家を買う?!

 丸:マイホーム購入の裏話もあるとお聞きしたんですが?

大:闇はいっぱいありますね。マイホームを購入するという理由が、実は借金苦で首が回らない人が買うという話は聞いたことありませんか?

丸:いいえ知りません。…というのは?

大:業界用語では、【人造人間】っていうんですけどね

丸:じ、人造人間?

大:ええ、借金まみれの人間を生まれ変わらせる細工をして、ローンが組めるようにするんですよ。そういう組織だってやっているところもあって…

丸:どうやって?

大:借金まみれの名義が汚れた人間を金融屋さんが、手を組んでいる不動産業者に連れて行って、どこかの誰かと、養子縁組しちゃう。それで、苗字やら戸籍が生まれ変わる。それからは、借金を上乗せした住宅ローンを組ませると…

丸:はっはぁ、なるほど

大:銀座とか六本木、祇園、北新地なんかの飲みのツケを払わせるためにローンを組ませる猛者もいるほどですよ。まぁ、毎年、詐欺共謀とかで捕まっている業者が多いですが…

■キャバ嬢や風俗嬢への賃貸でのトラブルなどは?

 大:最近は、グループ店やお店が直接物件を寮として買い取ったりしているので、こちらが貸し出すことはありませんね。昔だと、かなりトラブルが多かったみたいですけどね。ゴミ屋敷にしたり、クスリで死んでたり、トイレで子供産んでたり…そんなところに首を突っ込んでいる場合じゃないですから、私たちも

丸:そりゃそうですよね、『初めての不動産投資マガジン』も思わぬところへ宣伝広告の幅を広げていたり、大川社長も全国を飛び回ってセミナーを開いていたりしてますものね

大:面白いチャレンジは大いに受け入れますが、厄介ごとは勘弁です(笑)

丸:今日は面白い裏話ありがとうございました

大:どうも、ありがとうございました

好評連日更新中

丸野裕行編集長×大川貴仁監修アドバイザー 『初めての不動産投資マガジン』 http://ookawa-s.co.jp/624.html 運営会社/大川商事株式会社
■本社
〒599-8112 大阪府堺市東区日置荘原寺町47-1
TEL/072-285-0636 FAX 072-285-3720
フリーダイヤル/0120-36-1541
営業時間/9:00~18:00 (定休日 毎週水曜)  

■本町OFFICE
〒599-8112 大阪府大阪市中央区本町2丁目4-12
中央内本町ビルディング4F
TEL 06-4792-7133 FAX 06-6809-1589 
営業時間9:00~18:00 (定休日 毎週水曜)



取材・文/丸野裕行(裏社会ライター)